太田建設TOP > 施工事例 > 在来工法 > 柏市 T動物病院様

柏市 T動物病院様

コンセプト

動物病院と住まいを兼ねた住まいづくり。

データ

構造 在来木造2階建
こだわり
ポイント
動物ファーストな、飼い主の皆さんが安心して通院できることを主眼に置いた住まい。そのために、駐車場から病院内部まで、細部にわたり動物に向かい合う、施主さまの熱い思いが詰まった設計となっています。

家ができるまで

    ~地鎮祭~
    山海の幸やお神酒をお供えし土地の神様に、工事の完成までの無事、ご家族の幸せを祈ります。

    ~地鎮祭~

    ~地鎮祭~
    施主様による鋤入れ。

    ~着工前~
    更地の状態。
    いよいよ工事の始まりです。

    ~境界引照点確認~
    引照点で、敷地と道路や隣地との境界を
    確認。とても重要な作業です。

    ~基礎工事(防湿シート)~
    地中からの湿気が建物に影響を
    及ぼさないよう、防湿シートを
    一面に敷設。

    ~基礎工事~
    鎮物を北に向けて基礎下に埋めます。
    防湿シート敷設直前の写真。

    ~基礎工事(地中梁)~
    地中梁は基礎工事のひとつ。
    地中に埋まっていますが、家を支える
    大切な役割を果たします。

    ~基礎工事(地中梁)~
    地中梁の配筋も、間隔もきっちり
    寸法(200mmピッチ)どおりに施工。

    ~基礎工事(床断熱)~
    通常の木造住宅では床断熱は基礎工事の後の
    工程を、鉄筋コンクリートと同じように
    砕石、防湿シートなどの工程を経て断熱工事を行う。

    ~配筋検査~
    日本住宅保証検査機構(JIO)による配筋検査。

    ~配筋検査~
    問題なく完了しました。

    ~土台敷~
    基礎工事が完了し、立上りコンクリートに
    沿って土台を設置します。
    基礎工事と上棟の繋ぎ目の役割を果たします。

    ~上棟~
    土台の上に、柱を設置していきます。

    ~上棟~
    1階部分が完了。

    ~上棟~
    2階部分もまず柱から。

    ~上棟~
    全て職人の手で1本ずつ組まれます。
    こんなに大きな建物でも、
    朝から初めて15時頃には終わります!

    ~上棟~
    木材はクレーンで運びます。

    ~上棟~
    最後の上棟の1本!

    ~上棟~
    青い空が見えないのが残念ですが、
    上棟の姿は本当に美しい!

    ~上棟~
    1階部天井。
    太い柱と梁でしっかり建物を支えます。

    ~上棟式~
    幣束を設置し、お神酒を振って、これまでの
    工事の無事のお礼をします。

    ~上棟式~
    さらに、無事の完成と、
    完成後住まうご家族の安全と幸せを
    神様に祈念します。

    ~木工事~
    どうぶつ病院でひと部屋が大きいので
    柱がずらーっと並びます。

    ~木工事~
    バッテンになっているのが筋交い。

    ~木工事~
    梁が太く立派です。
    空間の大きさに梁の太さも比例します。

    ~木工事~
    天井が高い。

    ~2階バルコニー工事~
    バルコニーは広々。
    植物を育てたり、ロッキングチェアを
    置いたり、可能性ま無限大。

    ~木工事~
    木工事と同時に、配線工事が行われます。

    ~木工事~
    グレーの太いのは配管。
    木工事の状態で配線・配管作業を
    しっかり実施します。

    ~木工事~
    間仕切りも据えられました。

    ~外観~
    シルエットは見えますが、
    シートを外し、全景が見られる日が
    一段と楽しみです。

    ~外観~
    正面からの全景。

    ~テラス工事~
    正面側のテラス。

    ~外壁工事~
    防湿透湿シートで家全体を覆います。

    ~木工事~
    小屋裏の軸組みを施工中。

    ~木工事~
    2階の木軸組施工。

    ~木工事~
    2階の木軸組施工。
    柱の森かと思うほど、
    木材を沢山使っています。

    ~木工事~
    光が差し込み、
    柱の組み込みがはっきりと見えます。

    ~2階ベランダ工事~
    ベランダを含む壁には
    防湿透湿シートを敷設。

    ~屋根工事~
    防水シートが敷設された状態。
    雨漏りに繋がるので、
    最新の注意が必要です。

    ~外観~
    施工関係の車が今は停まっていますが、
    建物の手前は患者さん用の駐車場になります。

    ~断熱工事~
    発砲ウレタンを柱と柱の間に
    均一に隙間なく吹き付けます。

    ~断熱工事~
    断熱材を均一にすることで
    結露などを抑えることができます。

    ~断熱工事~
    壁には75mm。
    スケールでしっかり計ります。

    ~断熱工事~
    屋根裏の断熱工事。

    ~断熱工事~
    天井もまんべんなく
    断熱材を吹き付けます。

    ~内部工事~
    待合室。写真右側にサッシが入ります。

    ~外部工事~
    基礎と土台の間は隙間でなく
    黒い機密パッキンが敷設されています。

    ~外部工事~
    機密パッキンの厚みはピッタリ20mm。

    ~内部工事~
    断熱工事が完了し、壁下地を施工。
    続けて天井も下地を敷設します。

    ~内部工事~
    太い銀色のパイプは
    換気ダクト。

    ~内部工事~
    出入口部分は、防火対策の一環で
    LGS(ライト・ゲージド・スチール)という
    スチール材で施工。

    ~レントゲン室工事~
    レントゲン室は放射線を外部に
    漏れないようにするのが鉛。
    まずは細かいコンセント周りに鉛を施工。

    ~レントゲン室工事~
    柱に沿って鉛を貼付します。

    ~レントゲン室工事~
    石膏ボードを施工。
    1枚1枚貼付し、壁下地とします。

    ~天井下地工事~
    天井に石膏ボードを施工していきます。

    ~天井下地工事~

TOP