太田建設TOP > 太田のおやじとファミリーブログ > 発泡ワイン

発泡ワイン

          

2018年5月3日

これから暑い季節に向かっていきます。
お酒も発泡性のビールやスパークリングワインなど
喉越し爽やかなものが欲しくなりますよね。

最近は、発泡ワインを「泡」と呼ぶようですが
皆がよく知っているのはシャンパーニュ地方で作られる
シャンパンですよね。

それとは別に、よくお店で見かけるようになったのが
スプマンテ、プロセッコ、フランチャコルタなどの文字。
お安いカルディでも見かけるので、説明書きを読むと、
どうやらどれも発泡性の白ワインらしい。

何が違うんだ!!!
調べてみました。

■スプマンテ=イタリアのスパークリングワイン全般を指す

おお、なるほど。

■プロセッコ= イタリアのヴェネト州で造られるスパークリングワイン
 グレーラ(以前はプロセッコと呼ばれていた)というブドウを使用しています。

■フランチャコルタ=イタリアのロンバルディア州で造られるスパークリングワイン
 シャルドネ、ピノ・ネロ、ピノ・ビアンコなどのブドウを使用しています。
 シャンパーニュ地方と同じ瓶内二次発酵を採用していますが、
 瓶内熟成期間はより長く、規定も厳しくなっています。

その他にも、アスティ・スプマンテトレント
そして赤い発泡ワインのランブルスコなどがあります。

ちなみに、カヴァはスペインのカタルーニャ地方で生産される
スパークリングワインで、スーパーでも見かけるようになりました。

ワインというのは名前に製造地域が大きく関係しているんですね。
でも日本で甲州ワイン信州ワインという感覚とは違うような???

こうして調べていくと、ワインのことはよくわからなくても、
次から次へと疑問がわいて面白くなってきました。

今年の夏はスプマンテの色々な種類を試してみようかな!!!

TOP