太田建設TOP > 施工事例 > 在来工法 > 野田市 K様

野田市 K様

コンセプト

実用性と心のゆとりを両立させた住まい。

データ

構造 在来工法(木造2階建)
こだわり
ポイント
和室を小上りにして、リビングと一体となった広さのなかにも、メリハリのある空間創り
ベランダを趣味などに生かせる広いベランダ。

家ができるまで

    ~基礎工事(配筋)~
    さら地に対して、建物の位置を決定する
    「遣り方」、そして基礎工事に入ります。

    ~JIO検査~
    日本住宅保証検査機構(JIO)の第1回目検査。
    間取りと構造にいよる負荷等を計算して配筋がなされる。

    ~基礎工事(基礎コンクリート)~
    建物の外周に型枠を設置、
    全体にコンクリートを流し込む。

    ~基礎工事(立上り基礎)~
    間取と住宅の荷重等の計算に従って
    立上り基礎コンクリートを打設。

    ~上棟~
    基礎が完成して、上棟へ。

    ~上棟~
    1階の柱→梁→2階、、、と
    作業を手際よく進めていきます。

    ~上棟~
    家の骨組みが完成。

    ~木工事~
    筋交い、間柱など、木材同士を
    金具でしっかり固定。

    ~木工事~
    金具を適切に設置するなど、
    このような細かい作業の積み重ねが
    地震に強い住まい、長寿の住まいを実現。

    ~木工事~

    ~木工事~

    ~木工事~

    ~JIO検査~

    ~内部工事~

    ~内部工事~

    ~内部工事~

    ~内部工事~

    ~内部工事~

    ~外部工事~

TOP