太田建設TOP > 施工事例 > 在来工法 > 柏市 S様邸

柏市 S様邸

コンセプト

在来工法による木造2階建て。
伝統的在来工法で、着実に丁寧な住まい造り。 息子さんがご両親にプレゼントとして贈る住まい。将来を見据えて、バリアフリーの安心設計。

データ

構造 在来工法(木造2階建)
こだわり
ポイント
ご両親が過ごしやすいように、バリアフリー、シンプルですっきりした設計にしました。

家ができるまで

    ~解体~
    思い出の詰まった我が家を
    いよいよ解体。
    新しい住まいに向かってGO!

    ~地縄・根切り工事~
    地中の石や木の根っこなどを
    取り除きます。

    ~地縄工事~
    土地を水平にするための作業。
    斜めの状態で家が建ったら!?
    大変ですから、緻密な計測が必要です。

    ~基礎工事(砕石)~
    家の外周をきっちり測り、
    砕石を土地全体に転圧します。
    地震に強い家には大切な工程。

    ~基礎工事(捨てコンクリート)~
    建物の建つ位置の外周にコンクリートを敷き、
    建物の位置を決定します。
    さらに、地表を平らに均します。

    ~基礎工事(配筋)~
    基礎コンクリート打設の準備。
    この配筋があるからこそ、地震の
    横揺れ縦揺れにも耐えうるものとなります。

    ~基礎工事(基礎コンクリート)~
    配筋後、外周に型枠を設置。

    ~JIOによる検査~
    日本住宅保証検査機構(JIO)による
    基礎工事(配筋)の検査。
    もちろん、一発パス!!!

    ~基礎工事(基礎コンクリート)~
    配筋検査をパスし、コンクリートを
    流し込みました。
    写真は固まって型枠を外した状態。

    ~基礎工事(立上り基礎)~
    基礎コンクリートが終わると、立上り
    コンクリートのための型枠を設置。
    型枠の中にコンクリートを流し込みます。

    ~基礎工事(立上り基礎)~
    固まって型枠を外した状態。
    美しいでしょう!!!

    ~上棟~
    立上り基礎の上に木材で土台造り。

    ~上棟~
    コンクリートとこれから始まる木工事を
    繋ぐものです。

    ~上棟~
    碁盤の目のようにきれいに設置。
    この下には沢山の束が設置されていて
    上に建設される住まいを支えます。

    ~上棟~
    土台完成の翌日、いよいよ上棟。

    ~上棟~
    9月は信じられないくらい毎日が雨。
    それでも、職人が1階柱から着々と
    組み上げていきます。

    ~上棟~
    いよいよ2階へ。

    ~上棟~
    職人は慣れたもの。
    てきぱき、てきぱき、雨の影響を
    感じさせません。

    ~上棟~
    作業→確認の繰り返し。
    これがミスをなくす唯一の秘訣です。

    ~上棟~
    しっかりとした太い梁。
    これなら地震にも強いし
    長寿の家にもつながります。

    ~上棟~
    2階床部分まで進みました。

    ~上棟~
    2階も終わり、いよいよ最後の1本。
    上棟です。

    ~上棟~
    1日で上棟完了!

    ~上棟~
    上棟しました。
    神様にこれまでの無事と
    これからの完成、家族の安全を祈祷。

    ~内部工事~
    筋交などさらなる木工事、断熱・気密工事、
    防水工事などが行われます。

    ~屋根工事~
    屋根の基礎のひとつ
    垂木の設置工事。

TOP